スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンタのメンテ・リペア エプソン740DU/820C

「オンクジェットのプリンタが詰まって
綺麗に印刷が出来なくなった。」
そんな方、結構多いと思います。

というかほとんどの人が経験しているんじゃないでしょうか。

僕も何回もありましたので。

メーカーは下記のようなメンテナンスをユーザーには
推奨していません。
当然、メーカーのオフィシャルのサイトにも
掲載されていないので、メンテが出来ず
詰まりが酷くなってきたら僕もその都度買い替えてました。

僕の持っているのはEPSONの740DUと820C。
740DUが詰まったので820Cを買いなおしたのが
2台も似たようなのを持っている理由なんですが
820Cも詰まってしまい、ずっと使わず放置していました。

ホント直ぐ詰まってムカツクよ。

最近ペパクラをやりたくて
それで押入れから引っ張り出してきたんだけど
電源を入れてテストするとやっぱり詰まったまま。
(当たり前か)
短気なほうなので、窓から投げ捨ててやろうか
エプソンの支店を探して、玄関先に捨ててやろうか
色々考えましたが、そこはちょっとガマン。
リペアに挑戦してみました。

それでネットでリペアの仕方を探すと
ほとんどないんですよね。
一つだけ個人の方のサイトを見つけたので
それを参考にしました。

prt01.jpg
まず電源を入れてヘッド及びカートリッジを交換できる場所に
持って行って電源を落とします。

写真は740DUで、ボタンを押すと左端にウィーンと行きました。


prt02.jpg
次にインクカートリッジのフタを開けてインクを取り出します。

青いのがフタで、これも邪魔なので外します。
フタは黒インクとカラーインクに分かれてて
黒側は付け根の部分をつまんで内側に
カラー側は外側に開くと外れます。
粘りのある素材なので多少無理しても大丈夫?だと。

金属のバーで押さえ込んでいるのも見えると思います。

prt03.jpg
金属のバー。「ヘ」の字型。
両サイドをビスで留めてあります。
スプリングもあるので先に外しましょう。
それから両サイドのビスを外します。

あ、機械に弱い方・あまり触ったことがない方は
元に戻すときにどういう風についてたか忘れてしまう可能性があるので
デジカメかなんかで写真を撮っておくことをオススメします。
初めての機械をバラシ・再組み付けするときの基本です。

prt04.jpg
精密機械用のドライバーです。
100円ショップに売ってあります。

外した金具はパーツごとにまとめて置いときましょう。
これも基本です。

prt05.jpg
プリンタのヘッド及びカートリッジ部分は
スライダー部分と分かれて上に乗っかった感じに
なっています。

「上の部分」だけ外しましょう。

ここは普通の大きさの+ドライバーが必要です。
ビスを外して、少し出っ張りが外すときに
引っかかるので少しナナメにしたりして
裏側を見る感じで出します。

配線が付いたままなので、気をつけながら
行ってください。
と言っても割りと丈夫なので
「配線を気にかけながら」
「あんまり引っ張り出さずに」
「裏側を見るように」
裏側を出します。

配線は外すと面倒なので外しません。

シルバーの金具に囲まれたグレー部が
プリンタのヘッドです。

prt06.jpg
ちょっとふき取ってしまいましたが
「拭き取り前」のヘッド部分です。
周りにもインクがいっぱい付着しているので
拭き取ります。

僕は綿棒にアクリル塗料のシンナーを使って拭き取りました。
綿棒はケチらずにどんどん使いましょう。
ティッシュ・布などでもいいですが
その際は繊維が残らないように。

綿棒10本・ティッシュ2枚くらいで拭きあげました。
とりあえずはこびり付いたインクを除去します。

prt07.jpg
拭きあげたところ。

ヘッドのグレー部分に縦にスジが入っているのが
分かると思います。
ここからインクが出ます。

と言うことはここの目詰まりが主な原因です。

小さい穴が開いているので
ここにシンナーをたっぷり含ませた
綿棒でグリグリと目詰まりを溶かすように
何度も拭き取ります。

インクの出が悪かった色があると思います。
穴はインクのカートリッジの色の順番どおりみたいなので
僕は黒の出が悪かったので左端の筋を丁寧にやりました。

拭いていると滲み出てくるのでどこから何色が出てくるか
分かると思います。

しつこいくらいに濡れた綿棒で拭いてやって
最後に乾いたティッシュで拭き取ってあげましょう。

ついでに内部でインクが付いた箇所があれば同じ要領で
きれいに掃除しましょう。

他の方は水でもOKみたいなことを書いていましたが
水よりシンナーやアルコール分の方が粒子が細かく浸透するので
そちらのほうがいいと思います。

電子部品もあるのに水はどうか?と。


もうひとつの820Cも同じような感じでやりました。
ヘッドがなかなか出なくて
頭に来て、少し無理してパーツを割ってしまいました。

まあ、壊れてもいいやぐらいな気持ちでやったんですが。

このブログを見て参考にされればと思いますが
あくまでも自己責任でお願いします。

皆さんお手持ちのプリンタの多少の延命につながれば幸いです。

※拭いたあとはしばらく乾かしましょう。
 濡れたまま電源を入れると、ショートする可能性があります。




スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。