スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プラモ】 1/35 ASLAV-25 軽装甲偵察車#3

どんどん作り進めます。

手すりなどの「コの字」のディテールのものは
真鍮線いにすべて置き換えます。

キットについてるパーツをランナーから切り離して
ヤスリがけしたりするよりも綺麗だし
時間もほぼ変わりません。

ヤスリで削らないので真円に近いし
強度も増すのでオススメです。

as007.jpg
車体後部ハッチ

「可動部分追加改修大好きモデラー」の僕も
さすがに今回はあまりにヒンジ(蝶番の部分)の華奢さに
追加改修うをあきらめかけていました。

現用車両で軽装甲なのでヒンジにかかる加重が
少ない=小さくてもよい ので
とにかく小さいです。

でもありました。
加重のかかるヒンジの大きいところが。

スペアタイヤの部分です。

上の写真は閉じてる状態で
下が開けた状態。

as008.jpg
開いたところ。

as009.jpg
ヒンジ部分のアップ

ただしヒンジの座金・プレートが
車体にベッタリ付くのではなく
ボルトの3点で浮くような構造になっているので

as010.jpg

強度が足りないかもしれません。

補強を入れるか
もしくはあきらめて固めてしまうかも?です。

as011.jpg
タイヤを仮で付けたところ。

ランクルやパジェロと変わりません。


as012.jpg

車体にエッチングパーツを取り付け始めています。

僕はこのエッチングが嫌いです。

・切り出したあとのバリ取り
・瞬間接着剤やエポキシ接着剤での
 接着剤のはみ出のふき取り
・ピンセットでつまむとどこかに飛んでく
・曲げ方や曲げる方向が分からないので
 説明書を見ると「曲げる・Bend」としか書いてない

など、ストレス作業以外の何者でもありません。


エッチングパーツには
曲る為に「折り曲げ線」みたいなものが入っています。
そこを頼りに90度に曲げたりしていくのですが
曲げやすいように溝が彫ってあるので
当然強度的には弱くなります。

なので最近は曲げて形作ったあとに
ハンダを流し込むようにしています。

すべてのパーツにやっているわけではないのですが
完成後に手が触れやすい場所、触りたくなる場所
などには強度をなるべく上げる工作をやっています。





スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。