スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買う人と、人から借りたがる人

CDやDVDを人生のバイブル(大げさ?)として
ある時期までは集めていました。
マンガなどもそうですね。

それらってたまに思い出したときに
引っ張り出してきて
観たり、聴きなおしたりして。

「あー、やっぱいいなぁ」
とその作品自体を堪能したり。

「この頃、こういうことがあったなぁ」と
曲を聴くことによって自分の人生を振り返ったり。

だから処分できずにどんどんと増えていくんですよねぇ。


けど、ふとしたときに探すと無い。

CDが。DVDが。マンガが。


「誰かが借りていってそのまま。」


ふとしたときに聴きたい(観たい)から
買い集めてるんですよ。

なのにそのときに無い。


えー、結論から言うと
「人に貸さないこと」です。

借りる人って、そういったソフトなどにお金を掛けたがらない人。
ゆえにその「ソフト」が持つ価値を理解していません。
買った人が「なぜ買ったのか」も理解できません。

モノに対する価値観がまるっきり違うのに
「買う人と、人から借りたがる人」の間に
モノを介在して「貸し借り」という人間関係が発生したときに
ストレスが生じるんですよ。

・せっかく全巻そろえたマンガが途中で歯抜けになって戻ってこない。
 戻ってきたとしてもヨゴレや折り曲がりが。
・出たばっかりの時に買ったCD。
 借りてる人のほうが買った本人より長く保有。
・傷ついて戻ってきたDVD

そういう経験は無いでしょうか?

今まで貸した経験から言うと
・5割が返すのが遅い。
・3割が「返して」と言ってもなかな返さない。
 借りに来たのに、返しには来ない。
・1割が返さない。
です。

僕は貸してと言われて貸す際には
「一週間か10日くらいで返してね」
「自分自身が聴きたくて買ったんだからちゃんと返してね」

はちゃんと言います。

イヤな気持ちになってしまうので
「貸さないこと」
これが一番です。


わりと上手な断り方は
「昔、人に貸したら戻ってこなくてね、イヤな気持ちになったんだ」と。
これで大体断れますよ。

まあ、それでも貸してと食い下がる人がいますが。

だから「人から借りたがる人」なんですが。

一番返さないタイプなので気をつけましょう。

僕の経験では
A型(次いでO型)で
自分の身なりにお金をかけるタイプ(自己中)

が返さない確率高し。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。