スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー メルカバIV 製作工程&キットレビュー5

足回りの汚しは済んでいませんが
233-3373_IMG.jpg
後からパチリ、と。

メルカバ戦車の最大の見どころであり

今回の僕の作品の最大の見どころでもあります。

ぶら下がっているのはブランケットなんですが
エマージェンシーオレンジに (MA-1ジャケットの裏側のオレンジ)
なるはずが、パーシモン・柿色になってしまいました。

「A20」みたいに書いてある、砲塔後部につける
旗?みたいなマークはティッシュだとシワシワになるので
ティッシュで作ったうえからマスキングテープを貼って
作っています。

デカールはかなり薄くて良い感じです。
ただ番号が選べないのが残念なところ。

233-3375_IMG.jpg
デカールの段差も感じられないと思います。

チッピングもチマチマと入れています。

233-3376_IMG.jpg
撮影の練習。

砲塔はこのときは砲身を接着中だったので乗せていません。

フラッシュを焚くとシャドウが目立つんですよね。
実際はこれほどではありません。

以下は一応完成写真です。
これでヤフオクに出品しています。

最新キット!Academy1/35IDFメルカバMerkavaMkIV4改修完成品

233-3378_IMG.jpg
砲身の3本線は塗装しています。
上は白線の横に細い黒線があるのでデカールを使用。

233-3380_IMG.jpg

233-3384_IMG.jpg

233-3385_IMG.jpg
M2機関銃などはブラック、ダークアイアンなどで塗装。
うっすらとサビ表現で赤系をいれて色味に幅を。
銃器下の架台はもう少しダメージ表現を入れたがいいですね。

233-3386_IMG.jpg
ハッチは可動式にするために一部のパーツを省略しています。
ホントはもう一対のステーがハッチに付きます。

それとハッチ周りのリングに据え付けられた
機銃の弾倉をオリーブドラブで塗りたいのですが
いくつかの資料を見ましたが車体と同色。
模型的にも塗ったほうがアクセントにもなるし
締まって見える。
どなたかMk4の写真で
オリーブグリーンになったものを
お持ちではないでしょうか?

Mk3では確認済みですが。

233-3387_IMG.jpg
ハッチ開放状態。
IDFクルーを乗せたかったんですが
今回はパスです。
弾倉を固定するための垂れたベルトは
ディテールアップとしてはオススメです。




スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。