スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー メルカバIV 製作工程&キットレビュー3

232-3295_IMG.jpg
メルカバの特徴的な車体後部のキャリア

作っていて構造を理解した。

底板があってナイロンキャンバス?みたいな袋を乗せて
それが垂れないように上部が支柱になっている。

支柱はすべての荷重を受け止めているみたいです。

最後部には脱落防止?の為の
パンチング・メタル。
横に長い短冊形のものを実際はリング状の
金具で繋いでいる。

「布物」はキットには付属していないので
作ってみました。

キャリアのサイズを測り、内寸よりも小さめに
高さも低めに。

高さは「クタッと」感が欲しいので
そこら辺を考えて。

233-3353_IMG.jpg
こんな感じで「頭で想像」して。

箱組みまでは糊付けの場所だけ
少し水で溶いた木工用ボンドでくっつけて
「柔らかい箱」の状態で
中に入れ込む。

キャリアの中に入れたら、
 「中身があまり入ってないので
   自重で垂れ下がり痩せた感じ」
に。

調色スティックなどで押し込むと破れにくいと思います。

「クタレ」感を出したら、薄めに溶いた木工用ボンドを
全体に塗って固めましょう。

垂れ下がり防止の為のベルトで留めた感じを。

この素材は何かと言うと
裏に布地がついたサンドペーパーです。
初めて使うのですが。

化学繊維の丈夫なベルトの代用です。

布地がついているので塗装して
ドライブラシをかけたら
「布地が浮き上がってくる」と思います。
浮き上がって欲しい。←がホンネ。

なんせ知識・経験ともに不足しているので
思考錯誤ばっかりです。

あまり模型雑誌を読んで真似をすると
個性が無くなるので、意識して情報収集しないことも。

232-3298_IMG.jpg

232-3296_IMG.jpg
フタとなるキャンバス。後の始末が分からないのでまだこの状態です。

232-3299_IMG.jpg
M2機関銃からの車内への配線。リモコン操作らしい。
ハイテクなんだかローテクなんだか。

233-3301_IMG.jpg
予備キャタの取り付け。

キットではキャタピラを押さえる留め具のディテールがなかったので
プラ板とプラのクズで製作。

わざと少し大きめに作っています。
目立ちにくいところにあるから。


232-3300_IMG.jpg
塗装のためのカラーサンプル。

サフを吹き付けて、左半分に下地ブラック。
下の色が調色した「シナイ・グレー」と呼ばれる
最近のIDFカラー。

以前はダークイエロー。

このシナイ・グレーはAFV関連のSNSサイトで
調べました。
タミヤのミディアムブルー50%・バフ50%となっていました。

太陽光線や赤土が関係してくるからなのか
この色はすごく変化するというか
見極め辛いです。

みんな同じく、分からないみたいで
外人さんもSNSサイトで質問したり
答える人がいたりと。

上の色はクレオスのヘンプカラーというもの。
雑誌で使っている人がいたので
買って試してみました。

この色も「良い色」と言うか
同じく変化する色というか。
例えると、雑草が秋口に枯れだす感じで
薄い緑でもあるし、ブラウンの混じったベージュ系でもある。

ただ試し吹きしてみて
下地の色の影響を受けすぎるので
今回は却下。
調色したシナイ・グレーにします。
ただコチラは隠ぺい力強すぎて
下地の黒がすぐに消えてしまいます。


つづく。





スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。