スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プラモ】廃車置場2-15 いすゞ ボンネットバスBXD-30 完成【製作】

ボンネットバス 一応完成しました。


大きい画像で見ていただけるのであれば・・・

・クリックすると大きい画像で見ることが出来ます。
・閉じるときは画像をもう一度クリックしてください。

IMG_4388.jpg IMG_4391.jpg
タイトルロゴもサビ色で統一
友人宅の前の景色を拝借しました。

福岡市内でも、このような風景は少なくなっていますので
とっても希少です。


IMG_4393.jpg IMG_4394.jpg
フロント
ライト・リアウィンカーなどのクリアパーツは裏側を加工して
ラピーテープで光の反射が強く出るように。
「廃車」仕様ですが今回はクリアパーツはキレイにということで。


IMG_4395.jpg IMG_4396.jpg
車体側面 左側

やはりこちら側が一番の見所です。

サビは何段階にも分けて塗っては修正を繰り返しています。

エナメル塗料
ハルレッド・ジャーマングレー・クリアオレンジ・スモーク・フラットベース
そしてパステルのオレンジなどをあまり混ぜずに塗りつけてます。
偶然の素晴らしい仕上がりを期待しながら。
今回はフラットベースが頑張ってくれました。


IMG_4397.jpg IMG_4398.jpg
リアもウィンカーはとっても光を反射します。


IMG_4399.jpg IMG_4400.jpg
ドアは上部のクリアパーツのところをハメ込み
閉じた状態にすることが出来ます。

以上お疲れ様でした。







スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: マルさん今晩は

上映期間が短く観る事が出来ませんでした。

残念!

DVDを待ちます。

マルさん今晩は

ども!ハナです。
マルさんの地元では“マチェーテ”やってますか?
こっちはTOHOシネマズとかに嘆願メールしたのですが(1回だけ)
公開してくれるハズもなく諦めていたところ、
1月にちっさい小屋でやってくれるようです。
古いミニシアターなんで音響も最悪なのですが…。
鑑賞済みでしたら感想などお願いします。

それと、ベン・アフレック監督、主演の“ザ・タウン”なんですが、
あるレビューでラストの銃撃戦は“ヒート”を凌ぐ!とか何とか。
コレも要チェックですよ。では失礼しまっす。

ハナさん

僕もハナさんもニックネームはアルパチーノから
きているのでいつも複雑な気分でコメントを
しているんですが(笑)

ガンプラはキレイに作らないとダメ的な風潮なので
作っているとストレスが溜まります。
がんばって塗った塗料が関節部分で剥れたり・・・。

最近、自分的にサビ・ブームなので
やってて楽しいですよ。
ゲームのサイレントヒルもサビだらけの世界なので
好きですね。

Predatorsは0点でしたか、そうですか。
ストーリーはダメですね。またリセットしてほしいです。
「CGを多用しない」
「映像化された」
これだけでもちょっとウレシイ。

ありがとうございました。

祝完成!

息子のガンプラにヒーヒー言ってる自分には
余りにディープすぎる世界です。
錆の縞部分のせいか少し怖い…、リアルな猫バスに見えます(笑)。
失礼いたしました。

宮崎さん

コメントありがとうございます。

違和感ありありですよね。
分かります。

宮崎さんのように辛口の意見は僕にはとてもありがたいですよ。

現実世界では唯一の模型友達が
「模型卒業宣言」をしまして、孤立無援となりましたし(笑)

色についてはコントラストを意識しすぎたためか
日焼け表現・退色表現をほとんど行わなかったのが
原因のひとつだと思います。

考え込むと昔の悪いクセで完成に至らないので
「妥協点を決めて、次に行く」としています。

今回、サビで良いヒントが見つかったので
次に生かしたいと思います。

中途半端な作品にコメントくださり、感謝!

完成おめでとうございます

ボンネットバスの完成おめでとうございます。
車体のあちこちのサビ、とくに昇降ステップのところなど
説得力を感じさせる仕上がりですね。
タイヤホイールも雰囲気十分です。

ただ、全体として何か違和感を感じたものですから
その原因は何なのか、完成写真をフォトショップに取り込んで
いろいろとやってみました。
全体の彩度を落としてみたり、イエローのみの彩度を落としたり
明度を上げたり・・・。
かなりあれこれやってみたものの結局、何が原因なのか
はっきりとはつかめませんでした。
黄色と茶色のグラデーションの縞模様は、意図的に好みで塗ってらっしゃるのですから
それはアイデンティティとして大切にすべきだと思います。
ただそのなかで、彩度の高い黄色は、ゴッホも好んで使った生命と太陽の色なので
「廃車」というさびれた雰囲気に合っていないと思われます。
もう少し塗料の褪色感や白化を天井などに追加してみてはどうかと感じました。
ひとによっては、古びた雰囲気を出すのに
ダークイエローやバフをうすめて、うすく被せるというモデラーもいます。
参考になれば幸いです。
余力があれば、バックミラーのステーを細くするとさらにリアルになると思います。
以上は、リアル派モデラーとしての意見です。
ひとそれぞれの作品の方向や、テーマがあっての製作なので
的外れな指摘やアドバイスであることもありますが
ひとつの意見として申し上げます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。