スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プラモ】廃車置場2-11 いすゞ ボンネットバスBXD-30【製作】

いすゞのボンネットバスの改修を本格的に始めました。

本格的と言っても近頃の緻密なディテールの再現を売りにした
キットではないのでほどほどに気になったところだけ改修します。

キリがないので雰囲気重視です。

070901.jpg
チラ見の為の吊り輪の製作
プラ板をポンチで穴を開け・・・と思いましたが
どうもキレイにならない。

プラはやめて真鍮線に変更。

070902.jpg
真鍮線を適当な太さの丸い筆に巻いてから切り出し
ハンダでつけました。

「ハンダこて」での久しぶりの作業で温度のコントロールを
忘れて意外と難しかった。

070903.jpg
フロントバンパー。

牽引フックとベースプレート。

070904.jpg
フックは真鍮線に置き換え、ベースプレートには六角ボルトを追加。
六角は「Plastruct」の直径0.8mmのもの。
スケールとしては大き過ぎですが気にしません。

この後、このバンパーの上に整備の為の足を乗せるステップで
縞鋼板がつくのですが、「押し出しピン」の跡で一部潰れています。
これはしょうがないのでサビなどの加工でごまかします。
全部手直しをしていたらキリがありません。

070905.jpg
乗降口のステップ。
かなり苦労しています。
段差で4mmづつくらい幅増ししました。

室内のパーツ・写真のグレーのプラとその下の
車体下部の黒いパーツ、それにベージュのボディと
全部つじつまを合わせなくてはいけません。
まだ微調整が続いています。

やはりどこか扉は開けたいし、一番の見所でもあるし
やるしかないでしょう。

070906.jpg
天井にパイプを通しました。

これが吊り革のためのパイプです。
これも太すぎですがランナーをそのまま取り付け。

070907.jpg
パイプは中央よりやや左寄りです。

070909.jpg
車体外側に溶接痕。

前側と後ろ側に伸ばしランナーで。
これもやや大げさに再現しています。
加工の際に見えにくいのでグレーのプラを伸ばして。

070908.jpg
溶接痕はネットで写真を見て参考に。
個体によって溶接場所も多少違っていたりします。

あとはタイヤの泥除け程度で追加工事は終わると思います。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。