スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー メルカバIV 製作工程&キットレビュー(1)

1/35 メルカバ Mk.IV 【AM13213】1/35 メルカバ Mk.IV 【AM13213】
()
不明

商品詳細を見る


韓国の模型メーカー、「アカデミー」より発売されたキット。

イスラエル国防軍(以下、IDF)の所属のもので

開発もIDFが独自に行っている。

発売直前には

イスラエルのガザ侵攻が行われており

言い方は悪いがとてもタイムリーな戦車である。


このIDFのメルカバ、Mk.4は2004年より
実戦配備されたもので最新式の戦車である。

インジェクション・キットとしては
初めて発売されたので
かなり売れ行きも良いのではないかと思う。

僕は初めてこのメーカーのキットを買った。

AC1/35MerkavaMkIV
これがボックスアート。

昔のボックスアートにくらべてマシにはなったが
フォトショップで写真をこのような絵を描いたように出来る。
恐らくそれだと思う。

キットの中身はと言うと

車体下部:モータライズの穴あき車体。
       おそらくは以前のキットからの流用。

なので、転輪なども可動用のものでダルいディテール。

プラ材  :とても柔らかい。
       フニャフニャのプラスティック。でも切削性がいい。
       フィギュアに使うようなプラです。

エッチング:無いよりはマシといった程度のもの。
       メルカバの特徴でもある砲塔後部のチェーンカーテンなどが付属。
       かなり不満が残る作り方だが最初はキットのを使ってみようと思う。

とにかく不満箇所が多い。

・小さいパーツは接着場所・強度確保のためにダボとダボ穴が付いているのだが
 ダボ穴は浅いくせに、ダボは長い。
 前部切り飛ばさなくてはいけない。

・砲身の上のM2?機関銃(車内から有線コントロールするやつ)は
 銃身の設置台と弾倉が擦り合って上手くつかない。
 上手く加工しても、給弾される角度がおかしい。
 ぜったい弾詰まりを起こしてしまう角度だったので、これもパーツを切り飛ばして組み立て。

・パーツのほとんどが押し出しピン(丸く凹凸がついたもの)があり
 ランナー処理の他にピン処理と工程がとても多くなる。
 やらないと当然のことながら台無しだし。

・説明書も不親切で英語と韓国語のみ。
 これで正規品?

まあ、結論をいうと
他社で出てないから出ただけマシという感じです。

タミヤのメルカバをパクった名残もチラホラ。


韓国価格(と思しき数字がパッケージに!)がW25.000。
これならいいと思うよ。
妥協して0.1でレート計算して2500円なら買い得と思う。

でもウォン安でおそらく0.065くらい。
1625円だよ、店頭で買っても。

3780円の上代設定はボッタクリすぎ。

だからクレオスはキライなんだよ。

僕は貿易もやっているからわかるけど
原価以上に利益を抜いて問屋に卸してるぞ。

まあ買ってしまったから
ヘタなりに製作レもポします。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。