スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFV CLUB 1/35 Centurion SHOT Kal 製作#3

デジカメのバッテリーを知り合いの会社に忘れてきてしまい
旧式で撮影しています。
なので接写がうまく出来ません。

砲塔部分をチマチマとイジッています。

IMG_3500.jpg
アルミの削りだしの砲身を差し込んで
根元部分に防塵カバーをかけたように。

砲搭全体には溶きパテを使い
鋳肌を粗めな感じに。
パーツ分割のせいでペーパーを
かけなきゃいけない部分があるので
やったほうがいい工作ですね。

IMG_3501.jpg
ティッシュペーパーにて防塵カバーを作りかけ。
キャンバスのシワを表現するために
まだ追加工作が必要です。

パテを使うか、シワを作って木工用ボンドで
少し固めたティッシュを乗せていくか
はたまた両方なのか、現在思案中です。

IMG_3504.jpg
キャンバスを留めるための金属のフラットバーを
1.0mm幅の洋白板でやり直し。
砲身下部のみ。

スモーク・ディスチャージャーへのコードも
元々のプラで再現されていたものを削り取り
銅線に変更しています。

IMG_3507.jpg
吊り下げフックの周りの溶接痕もパテで追加。
ちょっと幅が広すぎなので調整します。

IMG_3508.jpg
タミヤのセンチュリオンと砲塔の比較

といっても上部パーツをつけてないので
あまり比較にはなりません。

タミヤはMk.IIIで
このShotKalはMk.V/Iです。



スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

僕の場合

HANSさん、こんにちは。

このカバー、同じAFVクラブから別売りで出ているんですが
買っていません。
キットに対してとても割高なアップグレードパーツを
買うのが基本的に嫌いなんですよ。
「For Tamiya」「For DRAGON」とか書いててタミヤやドラゴンに
マージンをちゃんと払ってるんかい?!、と。


布の表現はエポパテ・板オモリ(鉛板)と
ティッシュなどの紙を使っていますが
とてもまだ満足できるレベルではありません。

ただ、単なる素組みだと完成時に個性もなんも
あったもんじゃないのでやってます。

ティッシュは木工用ボンドでコントロールしやすいので
面白いです。


ぼくもHANSさんのブログにコメント入れたんですが
入ってなかったりします。
ここ最近も。
(めげずにコメント入れますね。)

コツコツと・・・

こんにちはまるさん。
コツコツと作業が続いていますね~。
わたしはティッシュペーパでキャンバスの表現をした事がないので興味津々です。

模型製作はチマチマとコツコツの積み重ねで完成させるホビーですが、途中で放置するモデラーも多いですよね。(わたしを含めて・・・汗)

頑張って製作を続けて下さい楽しみにしています。

コツコツと

まるさんこんにちは。
コツコツと作業が続いていますね。
わたしはティッシュを使用してのキャンバス表現をした事がないので興味津々です。

リヒターは真似が出来そうならラングの機関室上部に試そうかと考えていますよ。・・・猿真似リヒターですからね~・・・(笑)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。