スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォネティックコード Phonetic Code アルファブラボーチャーリー

 最近ずっと模型ばかりでしたので
 他の話題を混ぜますね。


自衛隊でも米軍のように
「アルファ・ブラボー・チャーリー・・・」と使います。

フォネティックコードと言うんですね。
(知らなかった?忘れてた?)

普段はあまり使わないが、演習のときなどに
分かれて無線を使う場合など

本部がアルファで
分かれた班・チームがブラボーから始まったり。

全部は覚えてないのでWIKIから。

 A   Alfa(アルファ)
 B   Bravo(ブラボー)
 C   Charlie(チャーリー)
 D   Delta(デルタ)
 E   Echo(エコー)
 F   Foxtrot(フォックストロット)
 G   Golf(ゴルフ)
 H   Hotel(ホテル)
 I   India(インディア)
 J   Juliett(ジュリエット)
 K   Kilo(キロ)
 L   Lima(リマ)
 M   Mike(マイク)
 N   November(ノーヴェンバー)
 O   Oscar(オスカー)
 P   Papa(パパ)
 Q   Quebec(キューベック) 違ったような
 R   Romeo(ロメオ)
 S   Sierra(シーエアラ) 違ったような
 T   Tango(タンゴ)
 U   Uniform(ユニフォーム)
 V   Victor(ヴィクター)
 W   Whiskey(ウィスキー)
 X   X-ray(エックスレイ)
 Y   Yankee(ヤンキー)
 Z   Zulu(ズール)

少し違ったような気もするが、おおむねこんな感じ。


僕が行った航空自衛隊は組織編制・その他諸々含め
米軍を親(元)として作っているので
特に英語表現が多いようです。

例えば、
・雷雨注意報は「サンダー・ストーム・ウォーニング発令」とか

・「アンノン(Unknown国籍不明機)が対馬海峡に入ってきて(領空侵犯)
  エマー(Emergency)がかかって、新田【ニュウタ】、築城【ツイキ】
  岩国【イワクニ】からスクランブルで出たよ。」
一般人には訳わかんないと思います。


陸自や海自は元々規範として帝国陸軍があり海軍があったので
旧日本軍の伝統を頑なに守っている部分があるみたいです。
空自はそういった意味ではポリシー無しか・・・ orz


スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。