スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プラモ】廃車置場2-2 マツダキャロルとホンダZ【製作】

ホンダ Zも追加製作開始です。
いすゞのボンネットバスもそろそろ開始予定。

このキットはARIIから販売されていますが
旧LSという会社のものらしいです。
2・3年前に模型製作を再開した自分はそんな会社は全く知らず。
先日入手したモデルグラフィックスを読んでいたら広告も載っていました。
400円だったのか。(今は600円)
こんなに物価上昇率の高い業界もないでしょうね。
インフレスパイラルというか、今のプラモは高すぎ。

062601.jpg 062608.jpg
ボディは一体です。結構イタミがあるので表面のペーパーがけは必須。

フロントグリルとの合いが悪いので早めに接着します。

昔ヒーローもので「ジャンボーグエース」というのがあって
「ジャンボーグエース」はセスナ?プロペラの軽飛行機が変身して
「ジャンボーグナイン」がホンダのZらしい。


062602.jpg 062603.jpg
キャロルってわりと大きいんですね。
スケールを信じるならば。

062607.jpg 062606.jpg
マツダとホンダで設計思想が違うのは分かるが
キットも車体下部の設計思想が全く違う。
リーフスプリングやマフラーの取り回しがあるのがホンダZで
シンプルなのがキャロル側。
ボディにコストが掛かってしまったためか?

062604.jpg062605.jpg
中空でないタイヤが悩みでしたが、半田こてを使い内部をくりぬき。
タイヤ外側のモールドを傷めないように、内側から慎重に。
接着してないのであまりパンク状態に見えないでしょうが
この方法で何とかなりそうだと分かりました。
前作のホンダT360より表現方法が進化できそうです。






スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

【映画】 化石の荒野 しばたはつみ 【音楽】

しばたはつみ様
お悔やみ申し上げます。



僕にとってのこの方の曲は、
この「化石の荒野」でした。

映画自体をちゃんと見た記憶はないのですが
別の映画を見に行ったときに
予告編を大きいスクリーンで見ました。

音楽と共に映し出される冬の海の厳しい風景。
そしてその風景に挟み込むように映し出される人間ドラマ。
小学生くらいの僕が近づいてはいけないような
圧倒的な大人の世界。
とても印象的でしたね。


しかし、この頃の女性ボーカリストはスゴイ人が多いですね。



お悔やみ繋がり(大変失礼!)でもう一人。
それは前野曜子さん。

ペドロ&カプリシャスの初代ボーカルです。


作曲はSHOGUNのケーシーランキンです。

彼女はTVアニメのコブラのOP・EDも歌っています。
こちらの作曲はルパン3世などで有名な大野雄二さん。


才能のある方は生き急いでしまうのでしょうか?

併せてお悔やみ申し上げます、合掌。



 ※ 途中からネタ注意(笑)

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

柏原芳恵&XJapan 春なのにn'

harunanoni.jpeg

X.jpg


柏原芳恵の名曲
「春なのに」
のアレンジバージョンの紹介です。


下記のリンクを右クリックして「名前を付けて保存」。
名前はそのままでいいです。デスクトップに保存してください。

春なのにn’

※機材がないためカセットからのデジタル処理が悪く
  冒頭は雑音だらけです。
  音も一部消えたりしていますので
  少し飛ばして聞いていただくと幸いです。

ダウンロードが出来ましたら
まずは聞かずに下記の文章も読んでから
聞くとありがたいです。



えー、曲の紹介です。

「春なのに」をX(japan)が演奏したら
こんな感じだろう?
というのをテーマにして作った曲です。

マジメ過ぎると面白くないので
ちょっと「おフザケ」も入っています。

Xの大ファン(特に初期)なら分かる
思わずニヤっとするようなアレンジにしたつもりです。

歌詞もYoshikiならBメロを英語にするだろうと
Bメロの「記念に~♪」や「流れ行く~♪」を
いかにもYoshikiの決して上手でない英語の歌詞風に
(ファンにはスマンが事実なのだ!)
翻訳しています。

間奏部分・ギターソロのあとのササヤキもYoshikiのように
作ったつもりです。

アレンジはそう、Xファンの方は分かると思いますが
「紅」と「X」を足したもの。
あのソロの後のササヤキを入れたいが為に
「X」のソロを入れました。
キーがそれぞれ違うので混ぜるのってわりと面倒です。
「春なのに=Gm」 「紅=Am」 「X=Dm」(だったと思う)

-・-・-・-

もう20年近く前の製作でマスターテープは無く
そう、カセットテープのまま。しかもボロテープ。

当時は自衛官で僕が辞めることが正式に決まり、
先輩と記念に作ったもの。

基地の中で録ったので
「4トラ」というカセットを使った録音機材
生ドラムはあったが、ドラムセットにつけるだけのマイクも
無かったので、「打ち込み」のドラムです。

僕がほとんど企画・曲の構成・アレンジなどを
手がけたけど、演奏が「録音レベルに達してない」
ということで、僕の演奏は却下され

歌を歌ったら、それもダメ出しされて
ほんのすこーしだけ
僕の声が入ったのみ。

「4トラ」という機械は録音の順番が難しく
ギターもステレオで入れると2トラック使ってしまうので
パズルのように難しい。

ボーカルは残された1トラックで
一発録り。
コーラスやハモリのバランスもマイクからの距離を計算して
何度もやり直し。
おフザケも入っているので笑ってしまってやり直したり
結局4・5時間かかってるし。

まあ、おかげで良い思い出になったけど。


ほんとは「春なのに」だけではなく
他の曲も企画していたんだけど
時間が無く中止になりました。

(自衛隊を)辞めるちょっと前に出来上がりました。

しかも辞める二ヶ月前から僕のお別れの宴会。
休肝日は一回もナシ。
連日の宴会で、さすがに体がだんだん悪くなっていき
ゼンソクのような咳が止まらなくなり
死ぬかと思ったよ。
最後の一週間は1升半から2升は飲んでました。
(ビール・ウィスキーなどは除く)

先輩たちに可愛がられて辞めていくことが
出来ましたが、酒・宴会に関しては考えもんです。


テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
Recommend
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。